2017
04.25

ブーケトスに使うブーケはどんなブーケがいい?

ブーケやウェディングアイテム

結婚式のイベントの中でも、「ブーケトス」は華やかで盛り上がるイベントのひとつ。

「花嫁が投げたブーケを受け取った女性は次に結婚する事ができる」と言われている事から、独身女性に対してのみ行われるイベントです。

ブーケトスの正式なやり方は「花嫁が観客に背を向けた状態でブーケを投げる」というものですが、最近は「結婚の予定がある友人に直接手渡す」「渡したいと思っている友人に渡す」など、色々なやり方が出てきている様です。

そんなブーケトスに使用されるブーケですが、実は「式場で入場の際などに持つブーケ」とは異なる事もあるのをご存知でしょうか。

ほとんどの場合、結婚式で入場の時などに使用されるブーケは「生花」で作られているものですので、投げるとなるとかなり重いのです。

重いと花嫁が思う様に投げられない可能性がありますし、受け取った観客がそれで怪我をしてしまう事も考えられます。

ですので、ブーケトスを行う場合は小さめのブーケを作っておくことが多いのです。

もちろん、直接手渡しをする場合はブーケをそのまま使用する事が多いです。

また、「ブーケトス」の他に「ブートニア・トス」というイベントもあるのですが、これは花婿が胸のポケットにさす花である「ブートニア」を投げるものです。

そして、最近の結婚式で多く取り入れられる様になってきたのが「ブーケブルズ」です。

ブーケプルズと言うのは、人数分(あらかじめ決まっていた独身女性)の紐を用意し、そのうちの一本のみをブーケにくくりつけます。

他の紐は「くくりつけている」と見せかけて手に持ち、全員で紐を引っ張って当たった人がブーケを貰う事ができる、というものです。

ブーケ以外の紐には幸福のモチーフであるチャームを括りつけ、外れた人にはこちらを持ち帰ってもらう…というのが最近のやり方の様です。

ブーケプルズ用のチャームはインターネットのオンラインショップでもたくさん見かけますので、使用したいと思っている人は探してみて下さい。

ブーケを使った結婚式のイベント、予定がある人は是非楽しんでみて下さい。