2017
04.29

二の腕が太い方に似合うウェディングドレス

ウェディングドレス基礎知識

ウェディングドレスを着るなら、「ほっそりした二の腕になりたい」という人も少なくないと思います。

ビスチェタイプのウェディングドレスなどを雑誌で見ると、どのモデルさんもほっそりとした二の腕をしていますよね。

でも、二の腕は数あるダイエットの中でも「一番細くするのが難しい場所」と言われています。

無理なダイエットをするよりも、二の腕の太さをカバーする事ができる様なウェディングドレスを選んだ方がいいのではと思います。

二の腕をカバーしたいのであれば、まず長袖は避けましょう。

「カバーしたいから隠す」という方法は間違いで、「隠せていると思っても、却って強調してしまっている」という場合がほとんどなのです。

二の腕の太さをカバーするのであれば、思い切って肩を全部露出する「ビスチェタイプ」のウェディングドレスを選び、その上からストールなどを羽織るという方法が良いでしょう。

ストールは肩からふんわりとかけるものなので、腕をほっそり見せてくれるのに役立ちます。

逆に、ビスチェタイプをそのまま着るというのはお勧めしません。

ビスチェタイプはどうしても肩を大きく露出させますし、ウェディングドレス自体が「白」ですので、膨張して見えてしまう可能性があります。

どうしても肩を出してビスチェタイプが着たいのであれば、カラードレスなどで着てみると良いかもしれませんね。

また、袖があるドレスを選ぶ場合は「袖がぴったりしたもの」よりも「袖が緩めのもの」の方が良いと思います。

袖がぴったりしたものは腕の形をハッキリ際立たせてしまいますが、ゆとりがあるものならガッチリした部分を簡単にカバーしてくれます。

結婚式場で結婚式を挙げる場合は、新作だけでなく旧作のウェディングドレスなども見て、「どのドレスが一番ラインを美しくみせてくれるか」を研究したいですね。

ウェディングドレスだけでなく、小物を上手に組み合わせる事で体型をカバーする事ができる場合もありますので、小物もしっかりチェックしましょう。