2017
04.11

スレンダーなマーメイドライン【ウェディングドレスシルエット・種類】

ウェディングドレス基礎知識

ウエディングドレスは、ふわりと裾が広がった可愛らしいものが多いのですが、女性の体形のラインを浮かび上がらせるセクシーさがあるのが「マーメイドライン」です。

昔から一定の支持を得ているマーメイドライン、その魅力に迫ります。

他のラインにはない大人っぽさと女性らしさがあるマーメイドライン

マーメイドラインとは、その名前の通り「人魚のように見えるドレス」のこと。

上半身~腰~太ももの付け根くらいまでがぴったりと体にフィットし、そこから裾が大きく広がっています。

他のドレスの多くがウエストから広がっているのに対し、マーメイドラインはそれより下から裾が広がっていますので、女性の体の丸みが出て非常に女性らしさが出ます。

ドレスのシルエットの多くが「かわいらしさ」「可憐さ」をイメージするのに対し、マーメイドラインは大人っぽさを演出することができるため、曲線美を出したい人にぴったり。

特に、身長が高い女性がこのマーメイドラインを選ぶ傾向にあるようです。

以前はシンプルでしたが、今はゴージャスなマーメイドラインも

他のドレスに比べて裾の広がりが少ないため、どちらかと言えばシンプルなドレスという印象が強かったのですが、今は裾が広がる部分からゴージャスなフレアーを使うなど、華やかなものも増えてきました。

デザインを選べばタイトな印象もあるので、アラサー前後の花嫁にも人気。

可愛くなりすぎないデザインのウエディングドレスがいい!という人にも好評です。

裾野広がりを大きくしたマーメイドラインもかなり人気でしたが、最近はその広がりを抑えた「ソフトマーメイドライン」もよく見られるようになっています。

上品さ漂うマーメイドライン~クラシカルなイメージも

マーメイドラインの魅力は、女性特有の体のラインを出せることです。

上半身からウエストにかけて、そしてそこから下までをすっきりと絞ることで、女性の美しい曲線美を存分に演出できるのは、このシルエット以外にありません。

シルエット自体が女性らしいため、レースやフリルを使わなくてもすっきりとした美しさが出ます。

こちらのドレスなど、マーメイドラインの良さがとてもよく出ていますね。

千恵モール マーメイドドレス スリーブ ロングドレス

ドレス自体に華やかさはありませんが、形が美しいのでそれだけで気品が出ます。

ベアトップにすることで、肩のあたりをすっきりと見せていることもシンプルな美しさを際立たせています。

スタイルに自信がない女性は隠すことを考えますが、ウエディングドレスの白は膨張色なので、腕まで覆ってしまうとかえってふっくら見えてしまうことも。

マーメイドラインは縦のラインを引き立てるので、思い切って出してしまった方が細く見えることもあります。

ところどころに入っているラインストーンのキラメキも素敵。

トレーンを少し長めにしているものも

こちらは、ウエディングドレスの裾を少し長めに引いているドレスです。

千恵モール マーメイドシルエット レーススリーブ ロングドレス

トレーンが長いと、クラシカルな印象になりますね。

袖が七分丈であること、肩を広く見せていることが、ドレス全体のイメージをすっきり見せています。

このようなドレスだと、長いベールを付けると花嫁の清楚さが引き立ちます。

レースを重ねているところも上品ですし、素敵ですね。

マーメイドラインでゴージャスさを出す

そのままだとシンプルな印象が強いマーメイドラインですが、こちらのドレスのようにフリルをたくさん使うことでゴージャスな印象にもなります。

千恵モール 花嫁ドレス マーメイドライン ウェディングドレス

ドレスに立体のバラがついていて、全体的に華やかな印象になっているのが解るでしょう。

下半身にボリュームがあるので、上半身はやはり肩を出してすっきりさせています。

このようにボリュームがあるドレスは、若い女性にも人気!ウエディングドレスだけでなく、カラードレスにも多いタイプですので、お色直しでこのようなラインのドレスを選ぶ女性も多いです。

結婚式で二着のドレスを着るときは、ウエディングドレスとカラードレスのどちらかをマーメイドラインにするということも。

ドレスのシルエットが全く違うので、印象を大きく変えるためにマーメイドラインを選択することでサプライズ感が大きくなるというのが理由でしょう。

ぜひ、マーメイドラインのドレスもチェックしてみてくださいね。