2017
04.03

人気のウェディングドレスって?ドレスにも流行がある?

ウェディングドレス基礎知識

今や、結婚式で女性が着用する衣装として大変な人気があるウエディングドレス。

そのウエディングドレスにも、年によって流行があります。

その流行から新しいデザインのうディングドレスが誕生することもありますので、見逃せません!では、どんなウエディングドレスが最近の女性の心を掴んでいるのかを見ていきましょう。

近年のウェディングドレスは「透け感」に人気が集まりつつある

ウエディングドレスのトレンドは毎年変化していますが、2011年にイギリス王室で行われたロイヤルウエディングで使用された「デコルテ~腕のところがレースになっているデザイン」に影響からか、今でも透け感のあるレースに人気が集まっているようです。

このウエディングドレスはアレキサンダー・マックイーンがデザインしたもので、清楚でありつつもキャサリン妃が持つクールな印象を引き立てる様なドレスに世界中の女性が憧れたものです。

そこから、レースで肌を覆うような清楚なデザインのウエディングドレスが流行を集めるようになりました。

このデザインは、花嫁の年齢を選ばないデザインであることも人気の理由だったようです。

2016年もこの「透け感」の人気は続いていた

レースを使ってデコルテや腕の肌色を透けてみせたり、足の一部だけを見せたり、レースの美しさや透け感を利用したドレスは2016年もかなりの人気を集めました。

その証拠に、世界の名だたるデザイナーのコレクションにも肌にレースを合わせたデザインのものが多く登場。

また、キャサリン妃のウエディングドレスがそうであったように、胸元に深いVのラインが入っているドレスもここ数年のトレンドになっています。

2017年のトレンドは「3Dフローラル」

さて、2017年のトレンドとなるウエディングドレスですが、「3Dフローラル」が流行すると言われています。

3Dフローラルとは、立体の花をたくさんウエディングドレスに縫い付けてあるデザインのこと。

まるで、白いウエディングドレスに白い花が咲いている様なデザインです。

デザインによってシンプルにもゴージャスにもなりますし、花嫁の好みによって印象が違ったデザインを選ぶことができるのも良いです。

ふんわりとしたAラインやプリンセスラインもいいですが、クールなマーメイドラインにこのデザインをあしらっても美しいですよ。

大きなリボンモチーフも人気に

リボンは昔からウエディングドレスに欠かすことができないモチーフですが、2017年は特に大きなリボンをあしらったものが人気に、シンプルなデザインのドレスでも、後ろを向いた時に腰に大きなリボンがあるだけで華やかになります。

また、ウエストだけでなく袖に大きなリボンがついているなど、今までとはちょっと違ったリボンの使い方を楽しめるのもポイント。

ウエディングドレスを着るときに今年の流行を意識するなら、このリボンモチーフがあるドレスを着てみることをお勧めします。

ウエディングドレスは自分が着たいものを着ることがいちばん。

でも、流行をおさえることでより洗練されたデザインを楽しむことができますので、ぜひトレンドを意識してみてください。