2017
05.01

色黒の方が似合うウェディングドレス【地黒・色黒・褐色】

ウェディングドレス基礎知識

ウェディングドレスと言うと、どうしても「色白な人が着る」という印象がありますよね。

ウェディングドレスのカタログなどを見ると、モデルさんのほとんどが色白の綺麗な肌をしています。

そんな中で、肌の色が褐色だと「ウェディングドレスが本当に似合うのだろうか」と不安になってしまう事もあると思います。

そんな時はどんなウェディングドレスを選べばいいのでしょうか。

肌の色が褐色の場合、「ファンデーションなどで地肌をカバーする」という方法があるのをご存知でしょうか。

ファンデーションと言うと「顔のメイク専用」というイメージがどうしてもあるのですが、腕専用のファンデーションなどもありますので、これを使用すれば一時的に「白い肌」を作ることが可能です。

しかし、一時的とは言え「自分の肌の色を変えるのは抵抗がある」という人もいると思います。

そういう人は、ウェディングドレスの色で調整をすると良いでしょう。

「ウェディングドレスは白」が基本ですが、一言で「白」と言っても、様々な「白」があります。

雪の様な純白もあれば、アイボリーやベージュが入った様なやわらかい印象の白もあります。

真っ白すぎると肌の色を強調してしまう可能性がありますが。ベージュやアイボリーに近いカラーだと肌の色を濃く見せるという事はありません。

この辺は肌の色とドレスとの相性になると思いますので、あらかじめ結婚式場のスタッフなどに相談の上、選んでみると良いでしょう。

式場のスタッフから受けるアドバイスも参考にしたいです。

式場のスタッフと言うのは色々な人を見ていますので、「こんな体型・肌の色の人にはこういうドレスが似合う」などのポイントを知っているはずです。

その経験からアドバイスをしてくれるはずですので、ウェディングドレスを選ぶ時は自分の考えや好みだけで選ぶのではなく、経験者からのアドバイスを受けましょう。

そして何より大事なのは、肌の色を必要以上に気にしないこと。

結婚式の主役は花嫁なのですから、堂々とウェディングドレスを着ましょう。

>> ウェディング準備・失敗しない結婚式のススメ