2017
04.21

キャスケードブーケに似合うドレスは?

ブーケやウェディングアイテム

ブーケの中でもとりわけ「清楚」な印象があり、そして「華やか」な雰囲気も兼ね備えているブーケが「キャスケードブーケ」です。

キャスケードブーケは、花束がまるで滝の様に上から下へ流れ落ちている様なデザインのブーケです。

花束が長く連なって零れ落ちていく様なデザインは「花嫁だからこそ持つことができる」と思われるほどゴージャス。

しかし実際に持ってみると、不思議とクラシカルな印象もあるブーケです。

見た目の印象から、裾(トレーン)を長く引くようなドレスに似合うとされていて、主にチャペルや広めの結婚式場で良く利用されます。

チャペルや広めの結婚式場では、存在感を与えることができる「プリンセスライン」「Aライン」のドレスなどが良く選ばれます。

その二つのラインのドレスに良く似合う花束として、「キャスケードブーケ」が選択される事が多いのです。

また、Aラインのドレスと言うと「キャスケードブーケ」の他に「メリアブーケ」と呼ばれるブーケも良く選ばれるそうです。

「メリアブーケ」というのは、花についている花びらを一度抜き、それを集めてひとつの大きな花に仕上げたブーケのことを言います。

まるで大きな花をひとつ持っている様に見えますので、お客さんの目を引く花束だと思います。

そんなメリアブーケと共に選ばれているのが「キャスケードブーケ」なのです。

見た目がクラシカルな印象のプリンセスラインなら、キャスケードブーケに使用する花も「白」をベースとした花を使って仕上げたいもの。

白い花の組み合わせでも、キャスケードブーケならかなり華やかに仕上がるのではないでしょうか。

また、カラードレスに合わせるのであれば「どんな雰囲気のブーケを作りたいのか」を考えながら、そのドレスにぴったりのブーケを作っていきたいですね。

キャスケードブーケの様な華やかなブーケを持つことができるのは、恐らく結婚式が最初で最後ではないでしょうか。

一生に一度の結婚式に花を添えるキャスケードブーケ、お勧めですよ。

>> ウェディング準備・失敗しない結婚式のススメ