2017
05.03

顔の大きい方が似合うウェディングドレス

ウェディングドレス基礎知識

女性の悩みの中でも多く取り上げられているのが「顔の大きさ」です。

最近は「小顔になるためのマッサージ」や「美顔器」なども販売されており、女性にとって顔の大きさがいかに重要なのかが解ると思います。

特にウェディングドレスを着る場合、スリムな物を選ぶと顔の大きさがはっきり出てしまいますので、ドレスを選ぶ時は気をつける必要があります。

まず、顔を小さく見せたいのであれば、首元まで隠れる様なタートルネックタイプのウェディングドレスは避けた方が無難でしょう。

首まで布でかくれてしまうと、どうしても顔の大きさを強調することになってしまいますので、「小さく見せたい」という人には不向きです。

とにかく、顔を小さく見せたいのであれば「首周りはすっきり見せること」が大切。

これはウェディングドレスだけでなく普段着る洋服などにも言える話ですので、注意して下さい。

また、大ぶりのアクセサリーを首に付けるのも避けましょう。

それからこれは「実現できる人とそうでない人」が居るのですが、高いヒールを履いて身長がある様に見せるのも小顔効果があります。

身長が高くなればその分頭身のバランスが良くなりますので、顔が小さく見えるはずです。

ただし、この方法は「高いヒールを履きなれていない人」「妊娠中の人」にはお勧めできません。

それから、小顔と言えば髪のボリュームを増やす事も効果的ですね。

ファッション雑誌でも、「顔を小顔に見せたい」という悩みに対して「髪のボリュームをアップさせる」という方法が紹介されています。

ただし、頭の上でお団子の様な形を作ると却って顔が大きく見える可能性もありますので、注意が必要になります。

また髪のボリュームを増やすと言っても、過度にボリュームをアップさせてしまうのは危険です。

髪のボリュームをアップさせるのであれば、顔と髪型だけでなく「全体のバランス」を意識しながらヘアスタイルを考えること。

顔だけを見て「小顔になった」と思っても、全体を見ると顔が大きく見える事もあります。

まずは「全体のバランス」を意識してみて下さい。

>> ウェディング準備・失敗しない結婚式のススメ